とほほの日記リターンズ

前の日記サイト閉鎖によりお引越し。スウェーデンでの怒涛の育児日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
下書きを完成させないまま、
新年になってしまいました。
以下は去年の秋に書きかけの日記ですのよ。
ごめんなさい~~
去年から引っ越してネットのない生活を送っております。

(前回の続き)

びっけの私立入学が決まった翌日、
小金持ちの義理姉が大きな包みを抱えて登場。
びっけへの新しい服や靴など、
どどーーんと8万円以上。

ちょちょちょ、
何の騒ぎですの、コレ!?

「あの私立に入学なんでしょ?
だったらあの学校に合う服装ってものがあるのよ。」


。。。。。。


「別に高いブランドの服じゃなくてもいいのよ、
でもフリマで買ったものとか、
あなたが毎年日本で買い込んでくる怪しいブランド
(注:シマムラの安服)
なんかの服なんか着せたらダメよ。」


。。。。。。


返す言葉もなく





さて、入学式に参列して仰天! 【“びびりまくり母子”の続きを読む】
スポンサーサイト
このページのトップへ
いろいろありましたけれど、
びっけも遂に1年生になりましたのよ。

1年前から順番待ちをしていた
ダンナの実家の隣にある私立小学校は
遂に空席が出来なくて入学出来ず、
暴力バリバリの怖い小学校へ
そのまま進級になってしまって。

スウェーデン人のアントンとリーヌスが
別の学校へ転校できた
(つーか、逃げたのよね)と聞き、
ついにびっけのクラスにスウェーデン人生徒は
ゼロになってしまってよ。

入学式早々、
子ども達は殴りあいのケンカをしていて。

あ~~、も~~ウンザリ!
【“ピカピカの一年生”の続きを読む】 このページのトップへ
先週、びっけを学校へ迎えに行く為、
バス停でバスを待っていたの。

バス停には、
私以外に中東系の女の子ひとりと、
スウェーデン人のおじさん3~4人。

びっけの学校は、
移民が多く住んでいるエリアにあって、
学校の生徒の8割以上は移民の子孫。
で、
待っているバスは、その移民居住エリア行き。

しばらくすると、
年齢的に60歳を超えた、
きちんとした身なりのオバサンがやって来て、
いきなりスゴイ剣幕でバスを待ってた中東系の女の子に
フィンランド語で怒鳴り始めたの。

ワタクシの数少ないフィンランド語の語彙の中の
大多数を占める罵倒・中傷語の殆どが出てきて、
このオバサンは、この中近東の女の子を罵倒してると分かったわ。

で、最後に英語の4文字卑猥語に相当する
フィンランド語を吐き捨てて、
で、今度はそのバアサン、
ワタクシのところにやって来てよ!

ものすごいフィンランド語訛りの強いスウェーデン語で

「あんたたち、
自分達が何してるか分かってるの!?
忌々しい移民の売女が、
この国を穢してるのよ!
このバスに乗る乗客の殆どが汚らしい移民!
あ~、いやだ、いやだ!!
アンタたちなんか、
生きる意味もない、存在価値もない、
けがらわしい売春婦なんだよ!」


最後にワタクシの足元に「ぺっ!」と
ツバを吐き捨てて、フェイドアウト。


「アナタね、
人のこと汚いとかいう前に、
アナタのその汚らしいフィンランド語訛りを
なんとかしなさいよ。」

、、、なんてツッコミは
後から出てきて。


ワタクシも中東の女の子も、
そしてその場にいたスウェーデン人も
( ゜Д゜)ポカーンとしてバアサンを眺めて。

すごいわ、
2ちゃんねるの罵倒シーンの生中継みたい。


で、
ワタクシたちは、何も無かったようにバスに乗って。



このテの罵倒は初めてじゃないわ。

でも、周囲にスウェーデン人がいたのに
罵倒されたのは初めて。
スゴイ勇気があるじゃなくって、
あのババア!?


バスの中で色々考えてしまったわ。

これから向かう移民エリアの人々は
多かれ少なかれ、
このテの罵倒語をスウェーデン人から
日常茶飯的に受けて生きている。

スウェーデン人が嫌がる肉体労働という職種を
積極的に受け入れてがんばっているのに、
面識のないババアに

「生きる価値もない汚らわしい移民!」

と罵られ、
それでも耐えながら生きていく。

そりゃ、楽しくはないわよね?
当然ながら、
スウェーデン人や社会に対しての憎悪が増し、
子ども達に影響してくる、、、。

びっけの通う学校の子どもは
本当に暴力的で問題行動が多い子どもばかり。
1ヶ月間にナント、
150回もの暴力事件が起きているの。

でも、
子ども達が悪いんじゃなく、
彼らは社会の犠牲者だと思うのね。
あのババアのハナシを聞いて
なお更、そう思ったわ。

学校でよく、
父兄懇談会があったりするんだけど、
出席する親はうちのパパを含め、
毎回、スウェーデン人3人だけ。

これには校長も激怒して
「いつも問題を起こす子どもは
移民の子なのに、
その親は全く無責任で
子どもの学校に関して無関心!」


、、、ま、
これにはワタクシも同意したんだけれど、
しばらくして、
父兄懇談会に来ない移民の親達の多くが
スウェーデン語が読めず、
学校からのお知らせも全く意味不明だったことが判明。

盲点だったといいましょうか、
懇談会に来ないから即、
移民は無責任と結論付けるのは
早急すぎて。


かといって、
移民側の立場に立ってばかりはいられないのよね。

現に、
びっけはこの学校に通い始めてから
少しづつ荒れてきたの。
集団で殴られて帰ってきては、
親は黙っていられないわよっ(怒)!!

日本と違って即転校できる国じゃないから、
今、他の学校の順番待ちをしてるところ。
懇談会出席の他のスウェーデン人もそうしてる。
酷いときは、
授業ボイコットもしてるんだけど、
結局、こうして移民とスウェーデン人は共存することなく、
スウェーデン人は移民居住区から逃げ出して行くのね。



なんだか、
ハナシがゴチャゴチャでまとまらないんだけれども、
移民問題は底なし沼のように深くて、
ひとたび足を取られると大変。

時々、
空を見上げて、
みんなが微笑んで暮らせる世界に行きたい、
と思ったりなんかしてよ。




、、、、というわけで、
エネルギー注入の為、
明日からスペインへ小旅行に出かけます。

みなさま、ごきげんよう~


追伸:
このテのハナシはスウェーデン人にしても無駄よ。
思い切り大爆笑されるか、
「キミの聞き違いか誤解だ」と否定されるか。
うちのダンナは前者、
腹立つからもう、何も言わないことにしてるのよ、
ワタクシ(怒)。

chrilleophilip.jpg

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

このページのトップへ
ウサギの顔って

usapyon.jpg


これ→  (´・ω・`) に似ていない?

機嫌が良いときも悪いときも ショボーン(´・ω・`) してるみたいでカワイイのよ~



ハナシは変わるんだけれど、
先週、びっけの水泳教室の帰り道、
バス停でバスを待っていたのよ。

びっけは海パンやらシャワーセットやらを
パンパンに詰め込んだリュックを背負って
バスを待っていたの。

定時にバスはやってきて、
「あ、おかあさん、バス来たよ~」
と歩道スレスレのところまで行くびっけ。

「そんなところに立ったら
危ないわよっ!」

と、ワタクシが言うのが早いか、



  どかっ!!



なんと、
バスは車道から歩道に乗り上げ、
歩道スレスレに立っていたびっけに激突!!!


きゃーーーーー!!!



びっけはバスに突き飛ばされる。

不幸中の幸いだったのが、
雪がかなり積もっていたので
転倒しても痛くなかったことと、
荷物でパンパンなリュックに当たったので
身体にも怪我が無かったこと。


「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっとっ!!
大丈夫だった!?」

慌てふためくワタクシと周囲の人たち。

バスの中から若いおねいさん運転手が顔を出す。

「坊やねっ、
運転席からは子どもの姿なんか見えないんだから
気をつけなきゃ ダメでしょっ!!!」



ワタクシも衝撃とパニックでワケが分からなくなり、
運転手さんに平謝り。


「ごめんなさいねぇ~、
びっくりさせちゃったでしょ!?
大丈夫よ、うちの子、怪我してないから
安心して頂戴っ!!」


で、席に座ってびっけを叱る。

「アナタねっ、
あんな歩道スレスレのとこに立ったら
危ないじゃないっ!!
歩道は人間の立つところで、
車道は車が通る道で、
歩道にはバスなんか乗り上げないんだけど、
でも、あの運転手さんは、、、」


びっけは (´・ω・`)・・・・・。




びっけを叱りながら、
理不尽な感情が沸々とわいて来る、、、。


あらっ!!?
なんで、おかあさん、
びっけを怒っているの?

びっけは歩道に立っていたから
まったく悪いことはしていないのよね!?

その反面、
車道を走るべきバスが
歩道に乗り上げたんだから、
これはバスの運転手が悪いわよね!?


「うん、
ぼく、車が走る道路にいなかったもん。
でもバスが急に(歩道に)上がってきて
びっくりしたんだもん (´・ω・`)、、、、。」


そ~よねぇ、
しかも、
“運転席からは子どもが見えないから
びっけが気をつけなさい!”
なんて、
無茶苦茶な理論よねぇ!?

これは運転手の責任だし
職務怠慢だわよねぇ!?


「だよねぇ!?」


それなのにっっっ
なぜワタクシは咄嗟にびっけを叱ったのよ!?
運転手に文句を言うべきだったのよっ!
ワタクシのバカバカっ




あ~も~っ
『怒られたら
とりあえず謝っとけ』

という日本人の典型的行動が
また出ちゃったわよ~!


何年たっても学習しないわねっ
ワタクシは!!


本当にごめんなさい、びっけ。
叱る相手を間違っていたわ。
アナタは全然悪くないのに
叱られて悔しかったわね。






「いいんだよ、いいんだよ、
おかあさん、
気にしないでよ。








慣れてるから。」











、、、、、、、、。






ショボーーーン (´・ω・`) このページのトップへ
みなさま

新年すっかり明けてしまいましたが
今年もよろしくお願い致します




ずっと留守にしていてごめんなさい。
ちゃんとロムって
(、、、って自分のブログ&HPじゃん!)おりました、
、、、、ダンナの実家のPCで。

イエねぇ、
ちょっとワケがありまして(笑)
ワタクシのPCでは自分のHPにアクセス出来ませんでしたの~

ま、
そのへんはカジュアルに流して頂戴♪



そんなワケで、
遂に念願のペット購入♪sockerbiten1.jpg



重度ネコアレルギーのびっけは
ずっとペットを欲しがっていたけれど
それは
永久の夢~ by あみん。(←ワタクシったら古すぎてよ!)


で、このたび血液検査で
げっ歯類にはアレルギー症状を示さない
と分かって生後6ヶ月のホーランドロップを養子に迎えました~

本当は赤ちゃんウサギが欲しかったんだけれど、
このウサちゃんの元飼い主・2歳児がウサギを虐待し続け、
困った家族の方が里親を探していたのを新聞広告で発見。



是非っ
ウチに迎えさせてくださいっ









そして さようなら、
飛んでいったお札たち、、、、

(ペットって何でも高いのねぇ!? びっくりだわ。)

 



あ~も~、
かわいいのよ~~~
生きたぬいぐるみみたい♪



、、、でも、
そうは問屋が卸さない、、、


って、これ死語よねぇ~~!?




とにかく、

びっけは血液検査をクリアして
ウサギアレルギー無 
って証明できたのよね。


し~か~し~


うちのダンナが
ウサギのケージを置いてるキッチンに入るなり
鼻水ズルズルの くしゃみ連発
ハクション大魔王も過労死するでごじゃるよ~~



    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

    はっ!!?


そういえば、うちのダンナ、
白樺の花粉が舞う初夏や
芝生を刈った直後なんか、
鼻水とハクションが止まらない人だったわっ


おーーーのぉぉぉぉーーーーっ!!!?


ダンナが花粉アレルギーだったとは
とんだ盲点だったのよ。

01_01.jpg





ウサギの餌は干草なので、
当然、強力な花粉エネルギー充満の
うちのキッチン。
で、キッチンに近づくと
ハクション大魔王を招来するダンナ。


inner_title.gif





ウサギを自分の弟だと思っているびっけは
絶対にウサギを手放さないだろうし、
でもダンナもスゴイことになっていてよ。

新年早々、

コニー、

ピ~~~ンチ!!




テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

このページのトップへ

FC2Ad

Information

びっけまま
  • Author: びっけまま
  • マジレンジャーのヒカル先生とケロロ軍曹フェチのびっけ6歳カエル好き。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。